ページの先頭です。
本文へジャンプする。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

地球を見る衛星(地球観測分野)

陸域観測技術衛星2号
「だいち2号」(ALOS-2)

2018年1月25日

東シナ海におけるタンカー(SANCHI号)
炎上事故に伴う油流出
(ALOS-2/PALSAR-2の観測結果)

2018年1月6日に中国東部沖合の東シナ海において、パナマ船籍のイランのタンカー「SANCHI」が香港船籍の貨物船と衝突し、火災が発生しました。 このタンカーは鎮火しないまま、日本の排他的経済水域(EEZ)内の奄美大島の西方を漂流し、14日午後、奄美大島の西方約315kmの海上で爆発、沈没しました。沈没したタンカーからは油が流出しています。
JAXAでは、1月18日12時33分(日本時間)にだいち2号(ALOS-2)搭載の合成開口レーダ(PALSAR-2)により、現場付近を観測しました。図1はPALSAR-2で撮影した場所を示していて、タンカーの沈没場所が、 PALSAR-2の観測範囲に入っています。沈没した海域の東側には、南西から北東にかけて、黒潮が流れています (海上保安庁・海洋速報(http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/KAIYO/qboc/index.html)より)。


タンカー「SANCHI」炎上事故海域とPALSAR-2観測画像

図1 タンカー「SANCHI」炎上事故海域とPALSAR-2観測画像(2018年1月18日12時33分(日本時間))。
赤線は黒潮が2.0km/hを越える領域を示す(海上保安庁 海洋情報部 海洋速報より入手(http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/KAIYO/qboc/kurosio-num.html ))。
黄色い枠は図2で拡大している領域を示す。

タンカー「SANCHI」沈没位置周辺のPALSAR-2観測画像拡大図

図2 タンカー「SANCHI」沈没位置周辺のPALSAR-2観測画像拡大図(2018年1月18日12時33分(日本時間))。


図2は図1の黄色で囲った領域を拡大したものです。タンカーから流出した油膜は、通常の海面に比べ、なめらかになっていると考えられるので、レーダからの電波が、衛星方向に反射されず、 周辺の海面よりも暗く写る傾向があります。図の左下の赤い点がタンカーの沈没位置を示しています。この位置の東側約1kmの地点から油が流出し、一旦北西に進んだ後、東に広がっていると思われます。 北側にも北西から南東に向かって油膜が広がっていて、事故船移動中に流出した油が残っているものと思われます。

今後も引き続き、衛星で現場付近の観測を行っていきます。



最新情報一覧 プロジェクトTOPへ戻る

人工衛星プロジェクト

地球観測衛星

通信測位衛星

運用が終了した衛星

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP